只見線 第6只見川橋りょう  完成時期22年度上半期に /桁架設工法を再検討

第6只見川橋りょう桁架設の工法変更

 JR東日本は復旧工事を進めている只見線の第6只見川橋りょうで、地質条件が想定よりも悪いことが判明したため、橋りょうの桁架設のための工法を再検討し、全体工程への影響を精査した結果、復旧工事完了時期が2021年度中から2022年度上半期への変更を見込むことを8月26日に発表した。
只見線の復旧工事は、2017年6月に福島県と締結した「只見線(会津川口~只見間)の鉄道復旧に関する基本合意書及び覚書」に基づき、2018年6月に起工式を実施して以降、復旧工事が進捗しており、橋梁関連では3橋が進捗中だ。
第5只見川橋りょう(流失)は、橋脚・桁架設が施工完了し、軌道工事を施工中▽第6只見川橋りょう(流失)は、橋脚の施工完了し、桁架設の準備工を施工中▽第7只見川橋りょう(流失)は、橋脚の施工が完了し、桁架設を施工中‥紙面へ

第7只見川橋りょう
第6只見川橋りょう
第5只見川橋りょう