インフラ維持管理と技術の展望 10月に講演会開催

 首都高速道路技術センターは技術講演会「インフラ維持管理と技術の展望」を10月19日にオンライン(ライブ配信)で開く。参加は無料で申し込みは同社のホームページからできる。締め切りは10月9日。土木学会のCPDプログラム。
インフラ維持管理における点検・診断のさらなる効率化・合理化に向けた課題と対応、ロボット・AIなどの最新技術の活用、修繕・補強、更新ならびにデータ連携基盤の整備など、適切なインフラ維持管理に求められる技術についての講演がある。
主な講演内容は▽道路橋維持管理の状況と新技術の導入に向けて(東京工業大学・丹羽淳一郎教授)▽UAV等を活用したインフラ点検について(土木研究所・森川博邦上席研究員)▽インフラメンテナンス最前線-ハイテクとローテクのベストミックスを目指して-(日本大学・岩城一郎教授)▽IoTやAIの動向とインフラ維持管理(東京大学大学院・越塚登教授)。
問い合わせは首都高速道路技術センターの講演会事務局(info@tecmex.or.jp)ま‥紙面へ