2019年度の鉄鋼製橋りょう(陸橋・水路橋・海洋橋等)生産 26万2480トンで118・32%/20年度第1四半期 対前年同期98%

経済産業省生産動態統計から抜粋集計

 経済産業省の生産動態統計年報から鉄鋼製橋りょう(陸橋・水路橋・海洋橋等)を抜粋集計すると、2019年度の数量は26万2480トンで、対前年118・32%、金額では1737億9600万円で、対前年108・77%だった。
数量ベースでは16年度から前年割れが続いていたが、プラスに転じた。ただ、数量は多少の増減はあるものの一貫して減少傾向にあり、03年から18年までで62%も減少している。
金額も多層の増減があるものの一貫して減少傾向にあり、03年から18年度までで56%減少。ボトムは16年の1499億5000万円。
数量の減少幅よりも、金額の減少幅の方が若干緩やかになっている。
また2020年は1月から対前年同月比でプラスが続いたが、4月度と6月度がマイナスとなった。
ただ、20年度の第1四半期(4~6月)は数量、金額とも対前年同期98%となっており、新型コロナウイルスの影響がそれほどでていないようにもみえる水準で推移している。数量ベースでは5万4777トン、金額ベースでは389億5500万円と‥紙面へ