2019年度の橋梁・高架構造物工事受注1兆5326億3400万円で4・1%増/20年度第1四半期は2688億1500万円

建設工事受注動態統計 公共機関からの橋梁・高架構造物工事受注(1件500万円以上の工事)から抜粋集計

 国土交通省の建設工事受注動態統計調査のうち、公共機関からの橋梁・高架構造物工事受注(1件500万円以上の工事)から抜粋集計すると、2019年度の請負契約金額は、1兆5326億3400万円で、前年に比べ4・1%増加した。1兆5326億3400万円の金額は過去14年間で最高額。1兆円超は、対前年比で7・7%伸ばした08年度と、13年度以降の毎年度で、17年度に前年割れしたものの、リーマンショック時期の09年度、10年度の2桁の落ち込みはなく、近年は堅調に伸びていることが分かる。
また2020年は1月から対前年同月比で5カ月連続でマイナスが続いており、特に1月、2月、5月は2桁のマイナスとなったが、6月はプラスに転じ57・9%の伸びで1415億2700万円となった。
2020年度第1四半期(4~6月)は2688億1500万円となって‥紙面へ