鋼橋の更新・改築事例検討小委員会 委員公募 土木学会 鋼構造委員会

 土木学会鋼構造委員会は「鋼橋の更新・改築事例検討小委員会」委員の公募をしている。
土木学会ではこれまで、鋼橋の大規模な修繕や更新に関して、2013年6⽉~2016年5⽉に「鋼橋の大規模修繕・大規模改築に関する調査研究小委員会(水口和之委員⻑)」を設置、高速道路の大規模修繕、大規模更新の開始に先立ち、それまでに行われた鋼橋の大規模な構造改良工事、床版取替工事、架け替え工事などの事例を収集・整理し、橋梁の更新計画や設計に携わる技術者の参考となる情報を、鋼構造シリーズ26「鋼橋の大規模修繕・大規模更新-解説と事例-」として、2016年7 ⽉にまとめている。
今回の小委では、前回報告書に掲載された事例以外を中心に収集・整理し、新たな事例について、前回と同様に、工法選択の考え方、設計の考え方、具体的な施工法、制約条件を克服するために用いられた技術や工夫などをガイドラインとしてまとめることが目的。
小委の活動期間は10⽉~2022年9⽉の2年間を予定。公募締切は9⽉末日。応募は、①氏名、②年齢、③所属、④連絡先(住所、電話番号、FAX番号、E‐mail)、⑤特に興味のある検討事項などについて、shiga-hiroaki@jfe-eng.co.jp 宛に、メールタイトルを「鋼橋の更新・改築事例検討小委員会参加希望」として送る
(書式任意)。
問い合わせは‥紙面へ