土木学会 有償オンライン講座を開講 CPD対応/初弾は橋梁点検 5月22日から

土木学会 橋梁点検eラーニングイメージ

 土木学会は、土木技術者向けのオンライン学習講座を、ネットラーニングのシステムを通じ、土木学会認定土木工学コースとして22日に開講した。このコースで提供される講座は、土木学会継続教育(CPD)制度の認定e-ラーニングで、修了時には修了証が発行され、土木学会CPDに学習記録として20単位の登録が可能。
初弾は舞鶴高専の社会基盤メンテナンス教育センターが企画、制作した「橋梁点検【基礎編】」。建設系学科の学生、行政・民間などの建設技術者を主な対象として、橋梁
の維持管理や点検・診断に必要となる基礎的な知識を学修するためのもので、修了すると橋梁に関する専門用語から点検のポイント、詳細調査の概要まで、必要な基礎知識を修得することができるという。受講料(税込み)は1万円。
橋梁点検講座の構成科目は▽橋梁工学▽コンクリート構造物の損傷▽鋼構造物の損傷▽構造物の補修・補強▽共通の損傷▽橋の点検要領▽鋼橋の点検▽コンクリート橋の点検▽構造物の詳細調査。想定される学習時間は9科目で約 8時間。
講座内容の詳細はネットで見ることができる。URL: https://www.netlearning.co.jp/learningexchange/le_09.asp