国交省ら6省 ロボット大賞を公募

 国土交通、総務、文部科学、厚生労働、農林水産、経済産業の6省と日本機械工業連合会は第9回「ロボット大賞」を公募している。ロボット技術の発展や社会実装の促進を目的とした賞で、将来の市場創出への期待度が高いと考えられる優れたロボットなどの先進的な活用や、研究開発、人材育成の取り組みを実施した企業を表彰するもの。
公募の対象は▽ものづくり▽サービス▽ICT利活用▽社会インフラ・災害対応・消防などの6分野。部門は▽ビジネス・社会実装部門▽ロボット応用システム部門▽ロボット部門▽要素技術部門▽高度ICT基盤技術部門▽研究開発部門▽人材育成部門の7部門で、既に市場実績のあるロボットだけでなく、研究開発段階でも近い将来社会で活躍が期待できるロボットも応募できる。
応募締切‥紙面へ