土木学会 インフラメンテ分野の新技術活用で提言/性能規定に基づく制度設計 方策示す

 土木学会インフラマネジメント新技術適用推進委員会は4月23日、「インフラメンテナンス分野の新技術適用推進に関する提言」を公表した。内閣府戦略的イノベーション創造プログラム「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」(SIPインフラ)の活動をフォローアップし、新技術の適用推進方策について提言を取りまとめたもの。
公共事業インフラを対象として、メンテナンス分野における新技術適用の現状・課題を整理するとともに、生産性向上につながる新技術の適用を推進するための制度構築とその基幹となる性能規定に基づく発注仕様の制度を具現化するための方策を示した。
提言は委員会のホームページ(http://committees.jsce.or.jp/opcet_sip/node/18)で‥紙面へ