土木学会町田モデル 事業管理システムを無償公開 /「橋梁管理システム」および「橋梁管理システム使用マニュアル」/ ホームページからダウンロード

 土木学会は、町田市におけるモデル事業の成果として、管理システムを開発した。
土木学会技術推進機構が、アセットマネジメントシステム実装のための実践研究委員会(委員長:東京大学小澤一雅教授)で、地方公共団体における持続可能なアセットマネジメントシステムの体制構築を目的に、いくつかの地方自治体をモデルに検討を行ってきた成果の一つ。
町田市が抱える課題である橋梁および舗装の管理計画と実態の乖離を取り上げ、その原因と解決策を検討。解決策のうち「橋梁管理システム」および「舗装管理システム」は、直近の点検結果をもとに短期の管理計画を策定するもので、町田市においてその有用性を確認することができたという。
これを受けて、ほかの地方公共団体にも広く活用してもらえるよう、これらのシステムを地方公共団体向けに無償公開する。これらの管理システムを利用することで、職員の手で容易に予算に見合った短期の管理計画を策定することができるようになるという。また、同研究委では、策定した管理計画は予算要求への説得性のあるエビデンス資料にもなるため、地方公共団体が抱える課題(人手不足・技術力不足・予算不足)の解決の一助になるとみている。
ダウンロードの内容に含まれるのは、①「橋梁管理システム」および「橋梁管理システム使用マニュアル」と、②「舗装管理システム」および「舗装管理システム使用マニュアル」。
ダウンロードは土木学会‥紙面へ