NEXCO東日本関東支社/圏央道・江戸崎橋橋梁設計検討業務など2件/エイト日技、オリコンらに

 NEXCO東日本関東支社は「首都圏中央連絡自動車道江戸崎橋橋梁設計検討業務」を1億6170万円でエイト日本技術開発に委託した。「首都圏中央連絡自動車道柳橋高架橋橋梁設計検討業務」は1億1270万円でオリエンタルコンサルタンツに決まった。いずれも2019年8月に公募型プロポーザル(WTO対象)方式で公告したが不調に至り、特命随意契約へ移行していた。契約制限価格は、江戸崎橋が1億6176万円、柳橋高架橋は1億1272万円。
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のうち、茨城県区間の暫定2車線の本線橋についてⅡ期線の橋梁一般図を作成し、Ⅱ期線の計画設計完了後の上部工の基本設計と下部工の詳細設計をまとめる業務。
江戸崎橋(茨城県稲敷市沼田~椎塚)の業務の対象は江戸崎橋、沼田橋の4連。概算数量は橋梁一般図作成2案、上部工基本設計4連、下部工詳細設計29基(逆T式橋台3基、箱式橋台1基、柱式橋脚25基)、基礎工詳細設計29基、動的解析4連。上部工の設計条件は江戸崎橋(外回り)が鋼4径間連続2主鈑桁176・2m、鋼8径間連続2主鈑桁304m+289・8m、沼田橋(外回り)が鋼7径間連続2主鈑桁303m。履行期間は21年3月30日まで。
柳橋高架橋(茨城県つくば市白硲~柳橋)の業務の対象は柳橋高架橋(外回り)の5連。概算数量は橋梁一般図作成1案、上部工基本設計5連、下部工詳細設計24基(逆T式橋台2基、柱式橋脚22基)、基礎工詳細設計24基、動的解析5連。上部工の設計条件は、鋼3径間連続2主鈑桁131m+120m+126m、鋼7径間連続2主鈑桁294m+287‥紙面へ