土木学会デザイン賞2019/奨励賞に竜閑さくら橋

土木学会デザイン賞 竜閑さくら橋

 土木学会は1月25日、「土木学会デザイン賞2019」の授賞式を都内の土木学会講堂で開いた。最優秀賞3件、優秀賞3件、奨励賞4件。
デザイン賞は、優れた公共的な空間や構造物の設計作品の表彰を通じて、土木デザインや設計者・デザイナーの重要性を社会に広める目的で01年に創設されたもの。19回目となる今回で受賞作品は186件。
2019では、橋梁関係は奨励賞に竜閑さくら橋が選定された。
竜閑さくら橋は千代田区・中央区の特別区道として整備された歩行者専用橋。橋長122・02m(支間長は箱桁部54・4m+40・7m、鈑桁部20・963m)の3径間連続鋼床版桁(2径間箱桁+鈑桁)で、下部構造は円形柱鋼製脚(上下部一体)とPCウェル。
事業者は都市再生機構、設計者、施工者はいずれも‥紙面に続く