関越道・大泉高架橋補修入札公告/NEXCO東日本関東支社 入札前価格交渉方式/剥落防止8000㎡など

 NEXCO東日本高速関東支社は「関越自動車道大泉高架橋補修工事」の拡大型指名競争入札を2019年12月25日に公告した。契約締結後に労働者確保の計画に変更があった場合、必要費用分を設計変更する試行案件。入札前価格交渉方式を採用。申請書と入札前価格交渉の当初見積書を27日まで受け付け、入札前の価格交渉を実施した上で、3月18日まで入札書を受け付ける。開札は4月13日。工事場所は東京都練馬区三原台~埼玉県鶴ケ島市脚折、東京都あきる野市牛沼~埼玉県坂戸市横沼。
指名したのは橋梁補修工事の有資格者。ただ、指名を受けていない企業も同じ資格を持ち、所定の実績があれば応募が可能だ。
主な工事内容は、関越自動車道の大泉高架橋(橋長2056m、PC橋中空床版橋)、今福高架橋(橋長226・7m、PC橋ポステンI桁橋)、入間川高架橋(橋長1391・5m、PC橋)の補修。概算数量は、ひび割れ注入工800m、断面修復工3万0300リットル、剥落防止対策工8000㎡‥紙面に続く