耐震13件WTOプロ公告/NEXCO東日本関東支社 設計基本契約方式で

 NEXCO東日本関東支社は「水戸管理事務所管内橋梁耐震補強検討に関する基本契約」など耐震補強13件の委託先を決める公募型プロポーザル(WTO対象)手続きを公告した。複数の橋梁の耐震補強設計業務を一括して公告し、基本契約を締結した上で、業務ごとに個別契約(随意契約)を結ぶ「設計基本契約方式」。参加表明書は17日まで、技術提案書の提出は3月2日まで受け付ける。委託先の選定は3月下旬を予定。
参加資格は橋梁設計の認定を受けていることなど所定の要件を求める。
概要は次の通り。
▽基本契約の件名=①個別契約1件目の件名(対象地)と内容②個別契約2件目の件名(対象地)と内容③個別契約3件目の件名(対象地)と内容。
▽水戸管理事務所管内橋梁耐震補強検討に関する基本契約=①常磐自動車道水戸地区耐震補強検討業務(水戸市~茨城県日立市)は那珂川橋など4橋の耐震補強検討10連、支承56カ所②同日立地区耐震補強検討業務(茨城県日立市~高萩市)は鮎川橋など4橋の耐震補強検討8連、支承8カ所。
▽高崎管理事務所管内橋梁耐震補強検討に関する基本契約(その1)=①関越自動車道利根川橋耐震補強検討業務(群馬県渋川市)は利根川橋など3橋の耐震補強検討5連、支承38カ所②同諏訪沢川橋耐震補強検討業務(同)は諏訪沢川橋など2橋の耐震補強検討4連、支承16カ所。
▽同(その2)=①関越自動車道沼尾川橋耐震補強検討業務(群馬県渋川市)は沼尾川橋など3橋の耐震補強検討5連、支承54カ所②同永井川橋耐震補強検討業務(群馬県昭和村)は永井川橋など2橋の耐震補強検討4連、支承20カ所。
▽佐久管理事務所管内橋梁耐震補強検討に関する基本契約=①上信越自動車道遠入川橋耐震補強検討業務(群馬県安中市)は遠入川橋の既設橋梁動的解析4連②同中沢川橋耐震補強検討業務(長野県小諸市)は中沢川橋の耐震補強検討2連、上部工耐震補強設計1連③同和美沢橋耐震補強検討業務(群馬県下仁田町)は和美沢橋の耐震補強検討2連、上部工耐震補強設計1連。
▽所沢管理事務所管内橋梁耐震補強検討に関する基本契約=①関越自動車道川越IC~東松山IC間耐震補強検討業務(埼玉県川越市~東松山市)は入間川橋など4橋の耐震補強検討8連、支承50カ所②同練馬IC~川越IC間耐震補強検討業務(東京都練馬区~埼玉県川越市)は大泉高架橋など2橋の耐震補強検討9連、支承78カ所。
▽三郷管理事務所管内橋梁耐震補強検討に関する基本契約=①東京外環自動車道中山道橋耐震補強検討業務(埼玉県戸田市~川口市)は中山道橋の耐震補強検討1連、支承8カ所②同戸田東IC~川口JCT間耐震補強検討業務(同)は東北線跨線橋など2橋の耐震補強検討3連、支承14カ所③同川口JCT~外環三郷西IC間耐震補強検討業務(埼玉県川口市~三郷市)は浦和東京線橋など2橋の耐震補強検討2‥紙面に続く