宝塚IC~神戸JCT間土木構造物更新WTOプロポ/NEXCO西日本関西支社 技術提案・交渉方式

 NEXCO西日本関西支社は18日、「中国自動車道(特定更新等)宝塚IC~神戸JCT間土木構造物更新工事」の公募型プロポーザル(WTO対象)を公告した。技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)を適用。技術提案に基づき選定された優先交渉権者と設計業務の契約を締結し、設計過程で価格などの交渉を行い、交渉が成立した場合工事の随意契約を結ぶもの。申請書などは2020年2月14日まで、技術提案書などは同3月2日から同4月14日まで受け付ける。
参加資格は橋梁補修改築工事の客観点数が1200点以上で、土木工事の客観点数が1400点以上の単体。もしくは橋梁補修改築工事の客観点数が1100点以上、または土木工事の客観点数が1250点以上の2~10者構成による特定JV。単体とJVの代表者は、道路橋でプレキャストコンクリート床版の新設または取り換えを橋梁延長100m以上実施した工事、もしくは道路橋でプレキャストセグメント桁の新設または取替えを橋梁延長100m以上実施した工事の施工実績と、供用中の自動車専用道路で、交通規制の下で床版取替え、車線拡幅または連絡等施設の新設を行った工事(舗装工、標識工、防護柵工、付属物などのみを施工した工事は除く)の施工実績を有することなど。
今回の設計業務は実施設計を行うもの。設計延長5900m、床版取替え等詳細設計。履行期間は21年7月31日。
工事内容は延長15・1km、床版取替え工(撤去・設置)1万5300㎡、床版防水工5万1700㎡、舗装工6万7000㎡、PC橋補修工2連、遮音壁取替え工4・1km‥紙面に続く