京都府 宇津根橋大規模更新公告/267mPC6径間連結ポステンバルブT桁橋

 京都府は4日、「郷ノ口余部線(宇津根橋)大規模更新工事」の一般競争入札を公告した。契約対象工種の一部を概略発注工として集約し、「概略発注工を除く直接工事費」に対する率で一式計上することにより工事価格を算出する「概略発注方式」と予定価格事後公表の試行工事で、「安全対策厳格化」調査の対象工事。入札参加資格確認申請書は10~11日に受け付け、入札期間は23~24日。開札は、予定価格に関する質問がない時は2020年1月7日、質問がある時は同1月8日。場所は亀岡市河原林町~宇津根町。工期2022年4月30日。
参加資格は、認定業種が土木一式、認定等級が資格有りで、土木の特定建設業許可を持つ者。経営事項審査におけるプレストレストコンクリート(PC)構造物工事の年平均完成工事高があることや同工種の総合評定値が1100点以上あること、国・地方公共団体等の発注で2004年度以降に完工したポストテンション方式PC橋上部工工事の元請施工実績があることなど、所定の要件を求める。
工事は、橋長267mの宇津根橋(PC6径間連結ポステンバルブT桁橋)の橋梁上部工1橋。
2014年度から進められている老朽化した宇津根橋を含めた未改良区間700mを整備する工事の一環で、全体事業費は41億円。18年度までの実績は、測量・設計、用地補償、橋梁下部工事で6億2400万円。19年度の計画は橋梁上部工、橋梁下部工、道路築造工で8億7300万円を‥紙面に続く