NEXCO関西支社 新名神・宇治田原第二高架橋PC上部工/低入保留後 大成建設に

 NEXCO西日本関西支社は、8日にWTO一般競争入札を行ったが低価格入札のため保留としていた「新名神高速道路宇治田原第二高架橋(PC上部工)工事」の落札者を、53億9500万円で大成建設に決定した。技術評価点は満点の23・5点で、評価値は123・226。工事場所は宇治田原町郷之口。
入札参加者は大成建設のほかに、三井住友建設・安部日鋼工業JV、ピーエス三菱・コーアツ工業JVで、低入札調査基準価格を下回った。契約制限価格は60億5930万円、低入札調査基準価格54億5337万円、審査対象基準価格は52億2908万1246円。
工事内容は新名神高速道路大津~城陽間の、京都府宇治田原町に架かる宇治田原第二高架橋のPC上部工工事で、概算数量は上り線6847㎡、下り線7289㎡。主要な資機‥紙面に続く