NEXCO関東支社 5橋の耐震補強設計公告/常磐道・利根川橋耐震補強 WTOプロポで

 NEXCO東日本関東支社は11日、利根川橋など5橋の耐震補強や維持修繕の設計をまとめる「常磐自動車道利根川橋耐震補強設計」業務の公募型プロポーザル(WTO対象)を公告した。参加表明書は10月11日まで、技術提案書の提出期間は同28日~12月5日まで受け付ける。ヒアリングを経て、2020年1月9日頃に最優秀提案者を選定。見積もり合わせをした上で委託先を決める。業務対象地は埼玉県三郷市番匠免~茨城県つくば市谷田部。
参加資格は、橋梁設計の認定を受けていることなど。
主な業務内容は常磐自動車道三郷JCT~谷田部IC間に位置する利根川橋など5橋の耐震補強や維持修繕に関する設計をまとめるもの。概算数量は、耐震補強の設計が動的解析8連、耐震補強対策の検討8連、支承60カ所、施工計画5橋。維持修繕の設計が落橋防止構造物32カ所、支承4カ所。
履行期間は450日間。
5橋の構造形式と延長は▽利根川橋=鋼3径間連続箱桁橋258・3m×3▽江戸川高架橋=鋼単純箱桁橋57・1m▽江戸川橋=鋼3径間連‥紙面に続く