32号高知橋耐震補強外WTOプロポ公告/四国地整 初の技術提案・交渉方式 技術協力業務で

 四国地整は19日、初めて技術提案・交渉方式(技術協力・施工タイプ、ECI)を適用する「国道32号高知橋耐震補強外工事、同工事に係る技術協力業務」の優先交渉権者を選定する公募型プロポーザル(WTO対象)を公告。参加申請と技術提案は10月25日まで受け付ける。工事場所は高知市駅前町~はりまや3丁目。
技術提案・交渉方式(技術協力・施工タイプ)は、優先交渉権者と技術協力業務を締結し、別契約の設計に提案内容を反映させながら価格等の交渉を行い、施工の契約を締結する。
参加資格は、単体企業または2~3者JV。単体企業とJV構成員は一般競争参加資格のうち一般土木工事に認定され、経営事項評価点数が1200点以上の者。2004年度以降に元請として橋梁補修工事、橋梁耐震補強工事、橋梁新設上部工事、橋梁新設下部工事のいずれかの施工実績が必要。また技術協力業務の契約締結日までに土木関係建設コンサルタント業務の認定を受けていること。
業務内容は、技術協力業務。期間は20年3月31日まで。優‥紙面に続く