公共事業費は13兆円 総務省試算/自治体20年度 歳入・歳出見込み額

 総務省は8月30日、地方自治体の2020年度歳入・歳出見込み額の試算をまとめた。政府の20年度予算概算要求基準を参考に試算したもの。歳出総額は前年度比2・2%増の91・6兆円で、このうち公共事業費に当たる投資的経費は19年度と同額程度の13兆円になる見通し。
投資的経費の試算の内訳は自治体単独事業費が6・1兆円、国直轄事業の地方負担金と国庫補助事業の合算額が6・9兆円で、いずれも19年度と同額程度。
今後、総務省は政府が編成する20年度予算‥紙面に続く