シンメトリーとドコモ 建設業界の働き方を実証実験/5G×デジタルツインで/現場に行かなくても業務遂行可能に

 米シンメトリー・ディメンションズとNTTドコモは、日本HPと協力して、現実世界の空間情報・位置情報をもとに、サイバー空間内に現実世界を再
現させる「デジタルツイン」を活用した建築・土木業界の次世代の働き方を実現する共同実証実験を実施することに合意した。
実験では、ドローンやレーザースキャナーで取得した大容量の3D点群データを第5世代移動通信方式(5G)を通じて、「ドコモオープンイノベーションクラウドTM」上に収集し、データの処理をすることにより、サイバー空間上に現実世界の空間を再現。VR(仮想現実)・AR(拡張現実)を活用することで、実寸かつ現実と同様の色や質感を立体的に再現し、遠隔地にいても現場にいるかのような環境を実現するもの。例えば測量技師などは、現場に行かなくても再現されたサイバー空間上でデジタルツインを活用して何度でも調査・測量ができるようになり、‥紙面に続く