NEXCO西と三井住友が開発/腐食しない壁高欄 維持費削減可能に

NEXCO西 腐食しない壁高欄

 NEXCO西日本と三井住友建設は、腐食しない超高耐久壁高欄「Dura-Barrier(デュラ・バリア)」を共同開発した。鉄筋やPC鋼材の代わりに、ガラス繊維を棒状に加工したGFRPロッドをプレキャスト(PCa)壁高欄本体の補強材と床版の接合部材として使用。材料を非鉄化し、さびによる腐食劣化の心配をなくした。塩害が懸念される場所の構造物に適用すれば、コンクリート片はく落などによる第三者被害を防ぐとともに、腐食に起因する劣化の改修コストなどが削減できる。両者は鉄筋やPC鋼材に替えて、腐食しない新材料を緊張材とする「超高耐久橋梁Dura-Bridge」の共同研究を平成22年から進めてきた。 デュラ・バリアにはこの研究成果を応用した。
デュラ・バリアは高強度繊維補強コンクリートを使用し、鉄筋の代わりにGFRPロッドを使うことで腐食劣化の可能性をなくした。壁高欄同士の接合、床版との接合にもGFRPロッドを使用している。現地での施工はPCa部材を所定の位置に設置した後、地覆との間詰め部とPCa部材間の間詰め部に高強度無収縮モルタルを充填するだけで完了・・紙面に続く