鋼橋床版取替 床版撤去を効率化/大林組ら 乾式ワイヤソーで水平切断

大林組らが開発した乾式水平切断装置 切断部拡大
サブマリンスライサー床版撤去手順

 大林組と横河ブリッジ、コンクリートコーリングの3社は、鋼橋の床版取替を伴う道路橋リニューアル工事で、交通規制期間の短縮や安全性の向上を目的に、効率的に床版が撤去できる新工法「床版ハンチ部の乾式水平切断工法・サブマリンスライサー」を共同開発した。施工ステップの削減により、従来工法と比較して交通規制期間が最大で65%程度に短縮できるとしている。これにより、工事の間接費も削減できそうだ。
一般的な従来工法では、橋桁と床版がスタッドなどの「ずれ止め」で接合されている合成桁の床版撤去工事では、まず桁の両側の床版を鉛直に切断して撤去したのち、次に桁上に残った床版コンクリートをウォータージェットなどで撤去し、最後に残置されたずれ止めを切断する手順で進められており、施工ステップが多く撤去作業に時間がかかること、大量の排水処理や騒音がでることなどが課題とされていた。
そこで今般開発したサブマリンスライサー工法では、床版下から乾式のワイヤーソーによる超低空頭の乾式水平切断装置で、桁と床版の接合部をずれ止めも含めて水平切断することを実現し、施工ステップの大幅な削減を可能・・紙面に続く