神宮橋架替潮来側橋梁下部他工事 WTO公告/関東地整 橋脚や仮橋・仮桟橋工

神宮橋写真
神宮橋図

 関東地方整備局は18日、「R1国道51号神宮橋架替潮来側橋梁下部他工事」の一般競争入札(WTO対象)を公告。技術提案評価型S型の総合評価方式を採用。品質確保のための体制その他の施工体制の確保状況を確認し、施工内容を確実に実現できるかどうかについて審査し、評価を行う。契約締結後に施工方法等の提案を受け付ける契約後VE方式の試行工事で、VE提案の項目として「橋脚躯体工の現場打ちコンクリートの品質確保に関する具体的な提案」を求める。発注者指定による週休2日制適用。1次審査の申請は8月1日まで、2次審査の申請を9月18日まで、入札は11月20日まで受け付ける。開札は同25日。施工場所は茨城県潮来市洲崎地先。 参加資格は単体またはJV。同局の一般土木工事の経営事項評価点数で1200点以上を求める。所定の実績も求める。
工事部分の橋脚は高さ約10m、幅約12m。主な工事内容は、橋脚(張り出し式橋脚)1基、コンクリート299㎥、鉄筋59t、仮橋・仮桟橋工(仮橋上部約538t・・紙面に続く