NEXCO中日本/高速道路大規模修繕・更新/19年年度は30橋で床版更新発注/工事進捗中は20件超

NEXCO中大規模更新2019年度工事一覧
NEXCO中大規模更新2019年度工事一覧

 NEXCO中日本は、高速道路リニューアルプロジェクト(大規模修繕・更新事業)の2019年度の計画と進捗状況をまとめた。
19年度は調査・設計を進めるほか、橋梁の床版更新工事など約30橋、高機能床版防水工事約90橋、トンネル補強工事約20チューブ、その他土工構造物工事の契約手続きに入る予定だ。これにより、1

9年度末までに、高速道路リニューアルプロジェクト全体の約3割を発注することになる。
また、19年度の工事計画としては、現時点では18件の工事が契約済みで、うち橋梁は15件(表)。橋梁のうち4件、中央道の上田川橋、北陸道の片貝川橋、小田原厚木道路の観音寺高架橋、風祭高架橋は今春に工事を実施。残り11件、東名の庄内川橋他、成就院橋他、富沢第一橋他、荒久橋他、愛鷹橋、中村高架橋他、中央道の新茶屋橋他、北陸道の布施川橋他、九頭竜川橋、和田川橋、日置橋は長期の交通規制に向け調整中で、下期から工事に入る。
ほかに工期内の特定更新等事業としては、北陸道で太田高架橋床版取替工事、中央道で三鷹高架橋補強他工事、名神で長良川橋床版取替工事、多賀橋他1橋橋梁補修工事、西湘バイパスで滄浪橋他1橋塩害対策・鋼橋補修工事、小田原厚木道路で川端高架橋床版取替工事、東名で小坂川橋他3橋鋼橋補修工事、村松高架橋他1橋鋼橋補修工事、裾野IC~沼津IC間床版取替工事、惣領橋他1橋塗替塗装工事、沼津IC~富士IC間床版取替工事、鳥坂橋鋼橋補強工事などがある。
NEXCO中日本は、管内の道路2132㎞のうち、開通後30年を超える区間が1300㎞と6割を占め、老朽化や大型車交通の増加、凍結防止剤の影響、近年の異常降雨などにより構造物の著しい劣化が顕在化している。
このため、高速道路リニューアルプロジェクトを通じ、高速道路本体構造のライフサイクルコストの最小化、・・紙面に続く