関東地整/現場ニーズに対する技術公募/90件、5月31日まで受付

 関東地整は4月24日、建設現場の生産性向上策と位置付けるi-Constructionの推進に向け、民間技術の公募をはじめた。募集対象は管内の公的発注機関があげた90件の現場ニーズに対応可能な新技術。5月31日まで応募を受け付ける。マッチングイベントを7月下旬に実施し、個別に調整して9月中旬に結果を公表する予定だ。
管内発注機関からは▽現場の状況把握▽作業の自動化・効率化▽建設現場の安全性向上▽書類作成の省力化▽地質、河川、ダム施設などを簡便に把握する技術などのニーズがあがっている。
産官学で構成する「i-Construction推進コンソーシアム」の取り組みの一環・・紙面に続く