18年冬季ボーナス、建設業7・5%増 / 伸び率全産業中3番目 厚労省調査

厚労省がまとめた2019年2月分の毎月勤労統計調査結果(速報)によると
、18年末賞与(ボーナス)に当たる18年11月~19年1月に「特別に支払
われた給与」(1人当たり平均)は、建設業で前年比7・5%増の45万019
9円となった。伸び率は調査対象16産業で3番目に大きく、全産業平均(1・
0%増)を6・5ポイント上回った。金額は9番目で、全産業平均(38万99
26円)を約6万円上回った。
調査は5人以上が働く事業所を対象に行った。建設業の調査結果を見ると、ボ
ーナスを支給した事業所数が事業所総数に占める割合を示す「支給事業所数割合
」は、4・5ポイント高い75・8%(全産業平均71・8%)となった。
建設業は、1990年の統計開始以降、過去最高額を更新した昨夏のボーナス
が大幅に増え、‥紙面に続く