17年度のCO2排出量 1・2%減 /環境省 建設業は2・9%増

環境省は16日、2017年度に国内で排出された温室効果ガスの総量(確報
値)が、CO2換算で前年度比1・2%減の12億9200万トンだったと発表
した。1990年度の調査開始以来初めてとなる4年連続の減少。国内でのCO
2排出総量のうち建設業分は2・9%増の768万トンと、3年ぶりに増加した

政府は地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」で、国内の温室効果ガス排出
量を30年度に近年で最も総排出量が多かった13年度比で26%削減する目標
を‥紙面に続く