静岡市 19年度入札契約制度改正/  予定価格公表時期など7項目で

静岡市は、2019年度の入札契約制度を改正する。改正項目は、▽建設工事
執行規則等の改正による各種書類の見直し▽入札参加停止等措置要綱運用基準の
改正▽予定価格の公表時期など7項目。
予定価格は事前公表と事後公表を併用する。事後公表の対象は▽総合評価方式
▽発注ランクA等級▽その他、事後が適当と判断、に該当する工事で、大型案件
が対象。すべて事前公表だった建設関連業務委託は、4割程度を事後公表として
、入札の適正性を検証する。
工事の着手届は「契約締結後、速やかに」とし、着手届を省略するほか、下請
負人通知書も、提出時期を施工体制台帳などと同時とし、重複する添付書類を省
略する。
災害発生時の応急工事の契約方法も‥紙面に続く