東北18年度公共工事 請負額2・3%減、 4年連続減 /宮城 秋田、山形、福島は増

東日本建設業保証宮城支店は取り扱った前払金保証からみた2018年度の東
北6県の公共工事動向をまとめた。前年度に比べ、請負金額は2・3%減の2兆
1187億15百万円、取り扱い件数は0・5%減の2万7871件、と請負金
額、件数とも前年度を下回った。請負金額の減少は4年連続。
請負金額を発注機関別でみると、国が10・5%増の5451億48百万円、
独立行政法人等が5・6%増の1344億2百万円、県が10・2%減の687
6億93百万円、市町村が6・9%減の6459億79百万円、地方公社が15
・4%減の62億59百万円、その他機関が22・0%増の992億31百万円
となった。
県別では、秋田が‥紙面に続く