宇土半島から天草諸島へ 熊本天草幹線道路 整備中4区間で海上橋など複数橋予定/橋長1148m第二天草瀬戸大橋 下部進捗 鋼・PC6工区の上部発注時期未定

熊本天草幹線道路図

熊本県の宇土半島から天草諸島の大矢野島、天草松島、上島を通り下島に続く延長約70kmの熊本天草幹線道路で、海上橋を含む複数の橋梁事業が進められている。
熊本天草幹線道路は、1994年12月に地域高規格道路として計画路線の指定を受けた。県内の高速交通ネットワークの横軸として、また、天草地域と熊本都市圏を90分で結ぶ、県が掲げる90分構想の一環として、国と県で整備に取
り組んでいる。天草地域は県内で唯一の未達成地域だ。
熊本天草幹線道路約70kmのうち、天草市から宇城市三角町までの約38kmを熊本県で、宇城市三角町から熊本市近見町までの約32kmを国で整備を進めている。
既供用区間は、2002年5月に開通した「松島有料道路」約3・3kmと、2007年9月に開通した「松島有明道路」約10km、2018年5月に「三角大矢野道路」約3kmの計16・3km。三角大矢野道路には建設中は新天門橋と呼ばれていた全長463mの国内最大級となるアーチ橋「天城橋」も含まれる。
現在の整備区間は、熊本県が「本渡道路」約1・3km、国が「宇土道路」約7kmと「熊本宇土道路」約4kmで、これに加え、県の区間では2019年度に新規補助事業採択された「大矢野バイパス」の「国道266号大矢野道路」(上天草市大矢野町中~同町登立)約3・4kmの整備に着手する。 この4区間は全て橋梁を含む。現在橋梁工事が進むのは橋長1148mの第二天草瀬戸大橋を含む「本渡道路」で、橋長275mの橋梁を3橋予定する「宇土道路」では設計が進められており、1級河川緑川の河口部に架かる緑川大橋を予定する「熊本宇土道路」と、橋梁3橋を予定する「国道266号大矢野道路」は、ほぼこれからだ。
本渡道路は天草市旧本渡市街地から天草市志柿町までの約4kmで、このうち早期効果の見込まれる旧本渡市街地側約1・3kmが、2013年度に事業化、整備が進められている。1・3km区間は本渡港上に走り、うち1148mの第二天草瀬戸大橋が大部分を占める。
第二天草瀬戸大橋は2014年度に予備設計を実施し、2017年度に下部工に着手、現在も下部工を施工中で、上部工発注時期は未定。事業期間はおおむね10年程度を想定している。
橋梁形式は1148mを下島側から上島側に6区間・グループにに分けている。港町が①グループで、橋長153mのPC5径間連続中空床版橋、本渡港渡航部が②グループで橋長200mの鋼4径間連続細幅箱桁橋、東町が③グループで橋長175mの鋼3径間連続細幅箱桁橋、本渡瀬戸渡航部が④グループで橋長252mの鋼3径間連続鋼床版箱桁橋、瀬戸町が⑤グループで橋長180mのPC6径間連続中空床版橋、瀬戸上町が⑥グループで橋長188mのPC6径間連続中空床版橋。
宇土道路は約7kmで、2009年度に事業化された。全体事業費は257億円で、うち用地補償費9・1億円を含む。橋梁費は38億3000万円で、橋長270mの鈑桁橋1橋と、橋長270mのPC箱桁橋2橋を整備する。橋梁の進捗は、起点側の宇土市城塚町で道路を跨ぐ橋梁の下部工1基を築造した程度で、設計が進められている段階。隣り合わせの熊本宇土道路約4kmを含め、宇土道路を先に進めていくものの、19年度は約12kmについて概略ルートや構造の検討を進める方針を示している。熊本宇土道路は1級河川緑川の河口部に架かる緑川大橋が見込まれ‥紙面に続く

第2天草瀬戸大橋側面図
第2天草瀬戸大橋断面図
本渡道路図
天草幹線道路の宇都道路・熊本宇都道路図
緑川大橋が予定される緑川河口域