高速道4車線化16個所選定 事業費4400億円/今夏めどに第2弾も明示

高速道路4車線化個所と橋梁数

国交省は「防災・減災、国土強靱化の ための3か年緊急対策」の一環として、2019年度から財政投融資を活用し、高速道路の暫定2車線区間を4車線化していく。暫定2車線で運用している高速道路は約1600㎞ある。
初弾として8日に、重要インフラの緊急点検結果を踏まえた土砂災害などの危険性が高い個所のうち、特にネットワークが寸断する可能性が高い16個所85㎞を選定した。この事業費は約4400億円で、一般管理費や建設中の利息を含めた償還額は5000億円に上る。通例では年度末頃にも国交省から許可が下り、その後高速道路会社が設計など業務の発注手続きに着手する。このほか、2000億円を投じて新名神高速道路亀山西JCT~大津JCTの6車線化にも取り組む。
残りの・・紙面に続く