CIIC 建設業の経営分析17年度版を公表 自己資本比率 過去最高30%台 技術職員1人当たりの完成工事高4千万円台

建設業情報管理センターは、企業の財務諸表などのデータを集計した「建設業の経営分析(17年度)」をまとめた。経営の健全性を示す自己資本比率は前年度を2・55ポイント上回る30・56%となり、6年連続で前年を上回った。各社が将来の備えとして内部留保を厚くしたのが主な要因。分析を開始した1988年度以降、過去最高の数値となった。ただ売上高5000万円未満の階層はマイナス5・40%と債務超過になっている。
収益性の指標となる総資本経常利益率は4・73%で前年度を0・50ポイント上回った。売上高階層別にみると、5000万円未満は前年度までマイナスので‥紙面に続く