1300m大規模橋梁ほか7橋 高難易度工事、権限代行の可能性 十日町道路で報告

1300m大規模橋梁ほか7橋 十日町道路縦断図
1300m大規模橋梁ほか7橋 十日町道路図

国交省北陸地整は1日、かなり難易度の高い橋梁やトンネル工事を含むことで、直轄権限代行で国が新潟県に代わって建設する見込みの十日町道路の調査結果を公表した。これまで技術的課題を検討する「十日町道路技術検討委員会」(委員長・大塚悟長岡技術科学大学教授)を開き、2月22日の2回目の会合で北陸地整は、延長約11㎞の計画ルートに橋梁上下部工、トンネルを施工する場合、かなり高い難易度を要することを調査結果を基に報告、新潟県を含む各委員の了承を得ていた。
十日町道路は十日町市北鐙坂を起点に十日町市八箇に至る延長約11㎞の道路。現時点では、7橋梁(1300m1橋、200m1橋、100m4橋、50m1橋)、トンネル4本(1200m、1300m、1400m、2400m)、の構造物を想定。特に河岸段丘を通過する信濃川渡河部の1300mの長大橋は、橋脚高50mのハイピアで大規模な構造となる。発達‥紙面に続く

1300m大規模橋梁ほか7橋 十日町道路縦断図