福岡市 19年度予算案/2・5㎞の高架道路アイランドシティ自動車専用道、1・9㎞の西鉄高架化など

アイランドシティ連絡道路位置図
アイランドシティ連絡道路位置図

福岡市は、前年度比2・5%増の総額1兆9239億63百万円の19年度当初予算案を発表した。一般会計は3・3%増の8666億40百万円、過去最大規模で6年連続のプラス編成。このうち投資的経費は4・9%増の811億68百万円。
橋梁関連の主な事業は▽WF地区周辺道路の整備・検討=4億24百万円。築港石城町線整備、那の津大橋の6車線化検討▽西鉄天神大牟田線連続立体交差事業(雑餉隈駅付近)=12億31百万円▽アイランドシティへの自動車専用道路整備=28億42百万円▽橋梁の長寿命化=5億53百万円。
西鉄天神大牟田線連続立体交差事業とは延長約1・9㎞の区間を高架化するもので、現在、直上区間の全線にわたって高架橋工事が進捗中。2023年度の完成を目指す。
アイランドシティへの自動車専用道路整備は約2・5㎞の高架道路で、建設費は292億円。有料道路事業(事業主体は福岡北九州高速道路公社、事業費は154億円)、港湾整備事業(国土交通省九州地方整備局、110億円)、街路事業(福岡市、28億円)の3事業合併方式で進めら‥紙面に続く

アイランドシティ連絡道路断面図