相模原市 19年度予算案/骨格編成 橋梁長寿命化に8億円超

相模原市が7日に公表した19年度一般会計予算案は3024億円(前年度比3・0%増)で、4月に統一地方選挙を控えた骨格編成だが、予算規模は過去最大になった。特別会計を加えた総額(公営企業会計を除く)は4935億53百万円(前年度比2・4%増)、投資的経費は209億68百万円(20・1%増)。
一般会計のうち投資的経費は約80億円で前年度比40・6%増。道路長寿命化事業の拡充などが主因。橋梁長寿命化は8億44‥紙面に続く