広島市 19年度予算案/鉄道2路線5・1㎞を高架化

山陽本線高架化縦断図
山陽本線高架化縦断図

広島市は8日、総額1兆2426億87百万円の19年度当初予算案を発表した。一般会計は6700億53百万円、4月の市長選を控え骨格予算として編成したが、2018年7月豪雨災害関連経費、消防通信指令管制システム更新が本格化することなどから、前年度当初に比べ一般会計は2・9%増加し、3年連続でプラスとなった。一般会計のうち普通建設事業費は、800億56百万円(8・4%増)。
橋梁関連の主な事業は▽東部地区連続立体交差事業=6億87百万円。20~22年度債務負担10億50百万円。鉄道詳細設‥紙面に続く