埼玉県 19年度予算案/東武野田線、伊勢崎線連続立体交差事業 川口陸橋はじめ49橋耐震など

東武線春日部駅付近の高架化
東武線春日部駅付近の高架化

埼玉県が13日に発表した19年度一般会計予算案は、1兆8864億60百万円(前年度比1・2%増)となった。投資的経費は1577億53百万円(0・0%増)。 東武鉄道春日部駅周辺(春日部市)での連続立体交差事業に4億94百万円を配分。伊勢崎線と野田線の鉄道高架化に向け、用地測量を開始する。事業認可取得後、東武鉄道に委託して実施設計に入る。工期は最短で12年程度を見込んでいる。総事業費は約650億円。
道路機能の安全性と信頼性の確保では、橋梁の計画的な点検・整備‥紙面に続く