北陸地整 橋長203mの2径間連続非合成鋼トラス橋/ 妙高大橋架替上部工 WTO公告

妙高大橋
妙高大橋

北陸地方整備局は12日、橋長203mの2径間連続非合成鋼トラス橋を架ける「妙高大橋架替上部工事」(WTO対象)の一般競争入札を公告。建設現場におけるイノベーションを推進するため、発注時に研究開発段階にある新技術の現場実証試験等を技術提案として求める新技術導入促進Ⅱ型、入札時に施工方法等の提案を受け付け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して落札者を決定する施工体制確認型総合評価落札方式(技術提案評価型S型)の試行工事、週休2日実施支援(受注者希望方式・標準型)試行工事。契約締結後に施工方法等の提案を受け付ける契約後VE方式。技術提案の評価項目と配点は、鋼橋の確実な架設の工夫で56点。新技術の現場実証が製作時または架設時の画像解析等を活用した品質管理の省人化手法で4点。申請書は3月13、14日に、契約課契約係で受け付ける。開札は6月6日。
工事場所は新潟県妙高市二俣地先~坂口新田地先。
参加資格は鋼橋上部工事の認定者で、2003年度以降に完成した▽道路橋(A活荷重またはTL20以上)か鉄道橋▽橋梁形式がトラス橋、アーチ系橋、斜張橋またはつり橋の鋼橋▽最大支間長が75m以上▽架設工法がトラッククレーン工法、トラッククレーンステージング工法以外の工法-の四つの条件を同一工事で満たす工事の施工実績を持つ者。
工事概要と概算数量は、橋長203mの2径間連続非合成鋼トラス橋の架設‥紙面に続く