19年度新規プロジェクト募集手続き開始/特殊橋梁等の維持管理に関する研究/道路土工構造物の維持管理の合理化・高度化に関する研究など

社会資本の整備や維持、管理に関わる産学官が連携・協力し、新技術の研究や普及などに取り組む「新都市社会技術融合創造研究会」(委員長=大西有三京都大学名誉教授)は、19年度新規プロジェクトの募集を開始した。応募期限は3月22日。
新規プロジェクトの研究テーマは4つで、うち橋梁関連のものは▽特殊橋梁等の維持管理に関する研究▽道路土工構造物の維持管理の合理化・高度化に関する研究。
応募資格は産学で連携・協力を行える大学・高等専門学校や国・地方公共団体、高速道路会社などの研究機関、民間研究機関などで、研究開発に従事する個人・組織とする。
事務局による書面審査を経たのち、5月に開催予定の「プロジェクト選定・評価委員会」でヒアリング審査を実施し、課題解決性や新規性・将来性、実現可能性を総合的に判断し‥紙面に続く