堺市 19年度予算案/モノレール延伸や鉄道高架化で計上

大阪モノレール
南海高野線連続立体交差事業

堺市は4日、19年度当初予算案を発表した、橋梁関係では緊急交通路等橋梁耐震強化として15億円を計上し、昭代橋ほか9橋の工事をするほか、20橋で耐震設計を進める。ほかにこれから事業が進んでいく大阪モノレール延伸事業検討経費や南海高野線連続立体交差事業、すでに工事に着手している南海本線連続立体交差事業など複数の高架事業を計上する。阪神高速道路大和川線整備にも60億円付ける。19年度当初予算案は一般会計4320億円(前年度比3・3%増)、総額7726億68百万円(3・9%増)。一般会計の投資的経費は前年度比9・6%増の593億62百万円。特別会計の予算額は6・4%増の2565億1百万円。
橋梁関連の主な事業は▽緊急交通路等橋梁耐震強化=15億円。昭代橋ほか9橋、設計20橋▽橋‥紙面に続く

大阪モノレール