国交省 維持管理分野に37資格追加/民間資格登録制度、累計で288に/橋梁は追加11資格 累計109資格に

橋梁関連民間資格登録制度
橋梁関連民間資格登録制度

国交省は1月31日、民間資格登録制度の追加登録37資格を公表した。登録制度は公共工事の調査・設計の品質確保を図る目的で14年度に創設したもので、今回は5度目の登録となる。維持管理分野(点検・診断等業務)に10団体が運営する37資格を追加。新設分野(計画・調査・設計分野)はなかった。累計の登録数は維持管理、新設を合わせて42団体の288資格となった。うち橋梁関連の資格は維持管理分野(点検・診断等業務)が「鋼橋」で50資格、「コンクリート橋」で55資格、計画・調査・設計分野が「橋梁」で4資格。
登録資格は国や自治体の業務発注の総合評価で加点評価される。
今回登録された資格の内訳は、橋梁(鋼橋)4資格、同(コンクリート橋)7‥紙面に続く