中部地整 平成30-35年度で修繕450橋 /30年度に253橋、31年度は155橋

中部地整橋梁長寿命化修繕計画橋梁一覧

中部地整の橋梁の長寿命化修繕計画には、管理橋梁5619橋について、平成26年度から35年度までの点検ならびに修繕計画が示されている。そのうち、平成30年度以降には450橋の修繕が予定されている。
内訳は、対策の内容別で、撤去が2橋、修繕が449橋。
修繕の内訳は当て板関連が85橋超、アンカーボルト関連が14橋超、亀裂関連が10橋超、沓座関連が13橋超、支承関連が73橋超、床版関連が26橋超、伸縮関連が26橋超、断面修復関連が86橋超、塗装関連が17橋超、ひび割れ関連が9橋超、ほかに表面含浸剤やシート補強、桁補修や、落共謀しシステムなど。
対策年度では平成30年度が253橋、31年度が155橋、32年度が39橋、33年度が6橋、34年度が1橋、35年度が0橋。
路線別では‥紙面に続く