758mの鉄道橋架け替えと 延長2・4㎞の高架化 /近畿整備局、大阪市、阪神電鉄/阪神なんば線淀川橋梁改築事業が起工/総事業費は約563億円見込む

淀川橋梁図

近畿地整と大阪市、阪神電気鉄道は9日、洪水や高潮等から大阪市中心部を守る目的で整備する「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」の起工式を開いた。
事業延長は約2・4㎞。事業概要は淀川橋梁(橋長758m)を高い位置へと架替え、同時に、現状で都市計画道路と鉄道が平面交差しているものを、鉄道を高架化することで立体交差化するもの。工期は2032年6月。総事業費は約563億円を見込む。
淀川を渡河する阪神なんば線淀川橋梁は河川内の橋脚が39本と多いことに加え、架設位置が計画堤防高より低く、桁下高が計画高潮位を下回っているため、洪水の流れを阻害し、河川整備計画で目標とする洪水に見舞われた場合、上流で堤防が決壊する恐れがある。このため現橋の西側に建設する新橋梁は河川の流下能力を高めるため桁下高を約7m高くし、橋脚数も39本から10本に減らす。
加えて、この橋梁位置が低いことで、橋桁が堤防を約1・8m切り込む形にもなっており、高潮時には陸閘を閉鎖することで対応している状況だ。仮に陸閘の閉鎖が間に合わなかった場合、市街地に氾濫を引き起こす可能性がある。 こうした課題を解消するため、橋梁の架替えに合わせて鉄道・道路の立体交差化を‥紙面に続く