田久保川橋がfib最優秀賞受賞 設計・施工は三井住友

NEXCO西日本が発注し、三井住友建設が設計・施工した宮崎県日向市に架かる田久保川橋が10月31日、国際コンクリート連合(fib)の最優秀賞を受賞した。日本の構造物が受賞するのは、2006年の青雲橋(徳島県山城町)が初受賞して以来12年ぶり。田久保川橋は橋梁としては世界で初めてバタフライウェブ構造を採用、従来構造と比較して建設コスト、環境への影響の双方を低減できる点が・・11月12日紙面に続く