宮沢橋架替 19年度着工めざす 仙台市

仙台市は広瀬川に架かる宮沢橋の架け替え工事に19年度着手する。完成後60年以上が経過し老朽化が進んでいる橋。都市計画道路として現橋の北側に新橋を整備するもの。今後、用地買収に入り、19年11月の渇水期から下部工事を始めたい考えだ。工期は4年程度を見込み、24年度の開通を目指す。完成後に現橋は撤去する。
現橋の宮沢橋は橋長139mの鋼5径間連続鈑桁橋。計画では、都市計画道路南小泉茂庭線の宮沢橋工区として昭和市電通から国道286号の宮沢橋交差点までの延長約300m区間に新しい橋梁・・11月12日紙面に続く