新潟県 対策を予防保全と事後保全に区分

 新潟県は平成21年度に新潟県橋梁長寿命化修繕計画策定(平成26年3月改訂)。管理橋梁は3,814橋で、これらの多くは1950年代後半から1970年代前半の高度経済成長期の建設。建設後50年以上経過する橋梁は10年後の平成35年(2023)には50%以上となり、高齢化橋梁が急激する。橋長内訳は15m以上1,427 橋、15m未満が2,404 橋。
 H21年度策定時に中長期的な方針・戦略に基づき、10 箇年の補修・点検計画を・・・10月22日付紙面に続く