点検・診断のアンケート/質の向上、合理化・効率化が必要

 国土交通省は今年の6月に社会資本整備審議会の社会資本メンテナンス戦略小委員会で点検と診断についての自治体へのアンケート結果を示した。平成25年に近接目視が法定化されてから一巡目の点検はおおむね計画通り進捗している一方で、点検・診断が十分にできているか質の面で不安があること、今後も計画通りに点検を地蔵できるか予算や頻度ならびに内容面で負担感に不安があることなどが浮かび上がった・・・10月8日紙面に続く