上場企業平均給与 建設業が2年連続トップ

東京商工リサーチがまとめた上場企業1893社の平均年間給与(18年3月期決算時点、有価証券報告書ベース)は620万8000円で、前年同期比で6万7000円増加した。業種別では建設業の728万4000円(124社平均)が全業種で2年連続のトップとなった。活発な建設投資を背景に、好決算が続出したゼネコンがけん引したと分析している。建設業は、前年比1・63%増。平均年齢は43.26歳。上場企業の平均年間給与は10年3月期以来、8期連続で上昇。この間の増加額は54万6000円。平均年間給与1000万円以上は24社(構成比1・2%)で、前年より3社増えた。社数のボリュームゾーンは500万円以上600万円未満で、555社(同29・3%)と3割近くを占め・・・続きは8月27日付紙面に