17年度の施工体制全国一斉点検 改善必要な工事減少

国交省は17年度に実施した公共工事の施工体制に関する全国一斉点検の結果をまとめた。点検は17年10~12月、直轄工事816件を対象に実施。明らかな建設業法違反で許可部局への通知が必要な工事は0件。改善すべき事項のあった工事は全体の約9・6%(16年度約11・7%)で・・・続きは5月14日付紙面に