PRISM活用で試行技術 来年3月までオンデマンド配信
橋梁関連技術も

 国土交通省は、PRISM(官民研究開発投資拡大プログラム)予算を活用して2020年度に「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」で試行した技術について、技術の概要、導入効果、達成状況などの報告会をオンデマンドで配信している。橋梁関連技術も含まれている。期間は10月7日~2022年3月25日。
 このプロジェクトでは、建設現場における「施工の労働生産性向上」や「品質管理の高度化等」を目的に技術公募を行い、2021年度に37件の技術を試行した。 
 今回、現場で試行した技術の中から、既存の基準改定に繋がった技術や現場実装の可能性が高い技術などを18件選定し、技術の概要、導入効果、達成状況などを報告動画としてまとめ、ホームページにてオンデマンド配信している。